ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問89.「最愛の星に[x]の名を⑤」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年52号[2018年11月26日発売]

「デート」という名目で文乃を連れ出した成幸。

二人の間で交わされた会話に・・・?

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問89.「最愛の星に[x]の名を⑤」あらすじ・ネタバレ

 

 

文乃父「そのPCには触るなと言っただろう・・・それにはあいつの論文が・・・」

文乃「論文なんて入ってなかったよ」

文乃父「なッッ!!?開いたのか!?どうやってパスワードを・・・論文・・・論文はっ!?」

ガガッ

静流!?「あらら?なんだろこの赤いランプ・・・ってキャーっ!!これ録画になっちゃってる!?」

ドタバタ

静流「はぁはぁ零侍くん文乃やっほー!」

 

 

 

 

静流「見る?高校の時の数学のテスト 最初は零侍くんにいいトコ見せたくて・・・頑張ってたら結果が後からついてきた」

 

 

外に出る文乃

 

 

場面は楠木公園

文乃「もう・・・終わったらすぐ連絡するから家で待っててって言ったのに」

成幸「ごごめん・・・もう大丈夫なのか?」

文乃「・・・どうかな・・・」

古橋家、一人っで動画を見る文乃父

文乃「お母さーん!今日いっしょに星を見る約束!」

静流「あら いけないもうそんな時間?」

文乃「今日こそ絶対見つけるもんっ!」

静流「もしも新しい星を見つけたら・・・どんな名前をつけたい?」

文乃「んーとね んーとね・・・」

 

 

静流「お父さんの名前?」

文乃「だってだってお母さんと2人で見つけるんだもん!2人の一番大好きな人の名前にしなくっちゃ!」

場面は公園

成幸「「☆」の名前「reiji」・・・自分の名前がパスワードとは思わんかったろうなぁ・・・」

文乃「皮肉だよね 10年もかかっちゃった」

静流「やばっ3つ目の「ゴメン」いい忘れてた!ゴメンね・・・この先とても寂しい思いをさせてしまうかもしれない・・でもお母さんがお父さんを支えにいっぱい頑張れたみたいに」

 

 

文乃「・・・うん 大丈夫だよお母さん」

成幸「何か言ったか古橋?」

文乃「ううん ありがとう支えてくれて」

成幸「いやいや俺は何も」

こつん

寄りかかる文乃

成幸「なんだ・・・また寝ちゃったのか」

 

 

 

 

場面は学校

 

 

成幸「そうか無事 認めてもらえてよかったな」

文乃「おかげ様で・・・」

成幸「あのさ古橋・・・お前の家出中・・・」

場面は文乃父、唯我母

文乃父「唯我さんこの度は・・・本当にご迷惑をおかけして申し訳ありません」

成幸母「いいですってそんな・・・三者面談本当は出るつもりで学校に行ったんでしょう」

文乃父「そ それは・・・ッ」

成幸母「心配で仕方ないくせに なんで伝えようとしないんですか」

 

 

文乃「・・・もしかしてあの時の電話相手って・・・」

成幸「十中八九母さんだな」

文乃「不器用なんだからもう・・・」

 

 

文乃父「娘とは具体的にどの段階までの関係なのだろうか?」

成幸「え!?それはどういう・・・」

文乃父「当然ひとつ屋根の下に暮らしたのだから・・・」

文乃「ギャアアア!!何言ってんのお父さんッ!?全然そういうんじゃないからさっさと帰って!!」

具体的には、水着の上にTシャツを着た状態で背中を流す段階です。

次号、うるかがある作戦を・・・!?

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問89.「最愛の星に[x]の名を⑤」感想

最愛の星に[x]の名を⑥・・・パソコンの中身、母親からのメッセージだったんですね。才能は努力の結果、開花したって。そしてオチも面白かったですね。成幸と文乃急接近!!次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

コメントを残す