ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問92.「時に天才は よかれと[x]に呼び水をさす」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年3号[2018年12月17日発売]

理珠の催眠術にオチた成幸・・・!!

そしてこの状況・・・!!

どうなる!?

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問92.「時に天才は よかれと[x]に呼び水をさす」あらすじ・ネタバレ

 

 

 

 

成幸(えええ何コレ!?なんでこんな状況に!?)

理珠「あ あーッ!!おおお起きていたのですかっ!?」

成幸「キャーッ!!スマン緒方!!」

理珠「すみません・・・とんだお見苦しいところを・・・」

理珠「・・・そんなことより成幸さん」

 

 

理珠「今日は私が成幸さんを甘えさせてあげます!!」

成幸「気持ちは嬉しいけどさ緒方・・・前にも」

 

 

理珠「こんな催眠がここまで効くとは・・・仰天です・・・」

成幸(あああ体に力が入らないッッ!!)

理珠「私が頭をなでるとあなたはだんだん心地よくなってどんどん私に甘えたくなっていきます」

成幸(いかん・・・さ逆らえん・・・なんとか気を・・・)

 

 

 

 

理珠「よしよしよしいい子です♡」

成幸「キャーッ!!」

色々と危険すぎるッ!!

理珠「そういえばおなかすいていませんか?」

成幸(ギャアアア近い近い!!)

理珠「なるほど空腹なのですね!」

成幸(え・・・?)

理珠「このまま私が食べさせてあげます!」

成幸(いやいや!!正直身がもた・・・ッ)

 

 

理珠「成幸さんが可愛くて思わず・・・昔飼ってたウサギたちと重ねて接してしまいました!!」

成幸(あの執拗なスキンシップはそれか・・・!)

理珠「何故かある日突然逃げ出してしまいましたが・・・」

成幸(・・・ちょっとわかる)

理珠「成幸さんの・・・やりたい事とは何なのですか?」

成幸(俺・・・そんなとこまで話しちまったのか・・・やっと頭もスッキリしてきたぞ・・・)

理珠「ひとりであきらめてしまう前に頼ってくれませんか」

成幸「そこまで甘えるわけには・・・」

 

 

ピタ・・・

成幸「お・・・緒方?」

理珠「どうしましょう・・・」

 

 

成幸「ほらこいよ・・・」

 

 

理珠「はぁはぁ 大変・・・お恥ずかしいところを・・・」

成幸「いえ・・・こちらこそ・・・古橋やうるかには内緒な」

理珠「当然ですっこのような醜態誰にも・・・ッ」

成幸「そっちじゃなくて 今後 皆がうまくいってくれたとして・・・」

 

 

成幸「ははっ なーんてな!」

理珠「悩んでる場合じゃないですか あれだけ必死になってたVIP推薦と並び立つ程やりたい事ができたということでしょう?」

成幸「ありがとう でも無理なんだ」

理珠「だからって・・・悩むことすらあきらめないでください やりたいことあるのにないフリしないでくださいっ!!」

 

 

成幸「・・・うん 優しいな理珠は」

理珠「え・・・っ今成幸さん名前で・・・」

 

 

夢か現か催眠か・・・この世のことはかりそめぞ。

まぁ現なんですけど・・・

次号、桐須先生が〇〇〇〇を抱えて登場することに・・・!?

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問92.「時に天才は よかれと[x]に呼び水をさす」感想

時に天才は よかれと[x]に呼び水をさす・・・催眠合戦でしたね。二人とも催眠ループに入るのは面白かったです。成幸のやりたいことは何かわからなかったけど・・・次が楽しみですね♪

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問92.「時に天才は よかれと[x]に呼び水をさす」おまけ

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

コメントを残す