ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問104.「薄紅の粧しは時にかつての[x]を喚び起こす」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年17号[2019年3月25日発売]

驚きの表情の

訳は・・・!?

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問104.「薄紅の粧しは時にかつての[x]を喚び起こす」あらすじ・ネタバレ

 

 

文乃「お父さんが誕生日プレゼントをおぉぉ!!?」

文乃父「ふ・・・不要なら捨てろ!以上だ!」

文乃「あ・・・ありが・・・」

 

 

文乃父「・・・コホン まだ・・・早いからな そういうのは」

文乃「何言ってるのお父さん!?」

七緒図書館

文乃(まったく・・・お父さんったら不器用というか何の心配してるんだか)

あすみ「なんか今日は珍しい組み合わせだな古橋」

文乃「あははたしかに!成幸くん遅いですねー」

あすみ「いいなーそのリップ!その色あれだろ?「キスしたくなる~」とかってキャッチコピーの」

文乃「えええっ!小美浪先輩詳しいっ!!」

あすみ「仕事柄自然とな」

 

 

文乃(だからあんなのファーストキスじゃないから!ノーカンだから!うううっせっかく忘れかけてたのに・・・)

???「わーいわーい!」

ニャポレオン

文乃「!!?」

子供「ママーニャポレオンZあったー!」

母親「もーっ図書館では静かに!本当にニャポレオンの絵本好きねぇ」

文乃「・・・」

あすみ「お?古橋ニャポレオンZ知ってんのか?」

文乃(タイムリーすぎるよ・・・)

あすみ「ああ そういやさ」

 

 

成幸「すみません遅くなりました!前のバイト長引いちゃって・・・」

あすみ「おせーよ後輩!もうアタシがバイト行く時間だわ!」

成幸「ありゃ・・・それじゃ入れ違いですね・・・じゃあ・・・古橋!今日は2人でみっちり頑張ろうな!」

文乃「左様でござるな!」

あすみ・成幸(・・・!?)

チッチッ

カリカリカリ

成幸「・・・」(さっき・・・なんか口調が変だった気がしたけど・・・勉強には集中できてるし気のせい・・・だったのかな?)「あっ おいおい古橋 そこの問2計算ミスって・・・」

 

 

女子トイレ

ちがう

 

 

あんなの布越しの

今まで忘れてた位

とるに足らないただの事故

でも

成幸くんだった

文乃「成幸くん・・・だったんだ わたしのファースト・・・」

成幸(・・・古橋大丈夫かな・・・もしかしてまた親父さんと何か・・・)「ん?」

 

 

文乃「おまたせ成幸くん」

成幸「ふ 古橋ッ!!それすっごい似合・・・っ」

 

 

文乃(どうしよう まだ頭が混乱しててどう切り出したらいいのかな・・・)

成幸(やっぱり俺の思い過ごしだったかもな そもそもリップに気がつかないくらいでそんな怒るわけ・・・)

文乃「あの・・・」

 

 

成幸「その すごく・・・(似合ってて)よかったから・・・」

文乃(よかったァ!!?よかったって・・・わたしとのキスが・・・?そんなの着ぐるみごしでわかるわけ・・・)

 

 

文乃「なんだか・・・いつまでも変なことにこだわって変だよねわたし・・・あんなの・・・(着ぐるみ越しだし)とるに足らない事だって自分でも・・・」

成幸「ごめん古橋」

 

 

成幸「もう一度 ちゃんとやり直させてくれないか!?」

文乃(え・・・ええぇぇーっ!?やり直・・・ってえ!?え!?ここで!?たしかに今人気ないしって違うよばかっ!!何考えてるの成幸くんっ!?わたしたちそういう関係じゃ・・・・ッ)

成幸「は 恥ずかしいから・・・目 つぶってくれるか?」

文乃(だ だめだよ!!そんなの・・・だって りっちゃんとうるかちゃんが・・・だって・・・だって・・・わたし・・・は)

成幸「いくぞ・・・」

 

 

文乃「ん?ん?」

成幸「えっと あーその・・・いいね!!そのリップ・・・すごく似合ってるぞ古橋ッ!!」

文乃「あっなるほど・・・!!そういうこと!!わたしちょっと勘違いしてたみたい!あ ありがと!」

成幸「・・・ん?勘違いって何を・・・」

 

 

成幸「・・・うべぇっ?」

柿本公園

成幸「申し訳ありません 正直 墓まで持っていくつもりでした」

文乃「いえ・・・こちらこそごめん・・・アレはわつぃからしちゃったんだし・・・成幸くんは何を悪くないから・・・」

文乃・成幸「・・・」

文乃「・・・ふふ」

成幸「あはは」

文乃「でも・・・びっくりしたな まさか成幸くんがリップに気づいて褒めてくれるなんて・・・ウソでも嬉しかったよ」

成幸「い いや!よかったって思ったのはウソじゃないからね!?」

 

 

成幸「え よかったって・・・え!?どっちの話!?」

文乃「知-らない!」

母の好きだったリップが背中を押す。

笑った彼女は、少し大人びて見えて・・・。

次号、進路を中々言えない成幸だが!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問104.「薄紅の粧しは時にかつての[x]を喚び起こす」感想

薄紅の粧しは時にかつての[x]を喚び起こす・・・とうとう文乃に文化祭のキスがわかっちゃいましたね。会話のやり取りも面白かったです。それにしても今回の文乃は大人びてましたね。次が楽しみです♪

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問105.「乙女の招きはたまさかに[x]鏡鑑となる」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問103.「その連接は時に彼女を[x]させるものである」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

コメントを残す