ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問105.「乙女の招きはたまさかに[x]鏡鑑となる」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年18号[2019年4月1日発売]

帰宅した成幸だが・・・

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問105.「乙女の招きはたまさかに[x]鏡鑑となる」あらすじ・ネタバレ

 

 

成幸「ただいまー」

母親「あら 成幸おかえり 今日もずいぶん遅かったわね 勉強もほどほどにしなさいよ」

成幸「今日はバイト・・・いや・・・う うん母さん」

母親「お母さんも今帰ってきたところ はー肩こったー」

引け目なんて感じる必要ねーぞ

成幸「あの母さん 僕 実は行きたい大学・・・」

和希「ねーねー兄ちゃん!」

葉月「見て見て!」

和希「今日はね食べれる草こんなにとれたよ!えらい?えらい?」

成幸「え えらいな!おーっうまそうだ!」(い・・・言い出しにくい・・・)

水希「・・・」

七緒南中学校室内プール

水希「えー今日は久しぶりに・・・我が七緒南中水泳部が誇るOG・・・あの武元うるか先輩が特別顧問に来てくれましたー!」

 

 

部員「あ 唯我部長また見とれてる」

部員「部長 昔っから武元先輩の大ファンだもんね」

 

 

水希「・・・あの最近お兄ちゃん学校でどんな感じですか・・・?ここのところ帰りも遅いし毎日へろへろで少し心配で・・・」

うるか「え・・・それは・・・」

水希「これはもう絶対 悪い虫の仕業に違いありません・・・」

うるか「ほぇ?」

水希「武元先輩だけは味方ですよねっ!!一緒にお兄ちゃんを守りましょうねっっ!!」

うるか「と当然っしょ みずきん!」(よくわかんないけど・・・ホント兄思いのいい妹ちゃんだなぁ)

・・・

うるか「・・・ねぇみずきん こんなこと聞いちゃっていいかわかんないんだけど・・・」

水希「はい?」

武元家

 

 

成幸「にしても家で勉強見てくれなんて珍しいな 飯まで用意してくれて・・・」

うるか「あーいやいや!今日はママ・・・両親いないの忘れて作りすぎちゃってさー!」

成幸「ほえー」(・・・ん?つまり・・・2人きり?ニンニクたっぷり・・・精力・・・わーわーっ!!変なこと思い出すなアホ!!勉強に集中集中・・・)

 

 

こたつの中で足がぶつかる・・・

成幸(気のせい・・・じゃ・・・ないよな・・・)「う うるか・・・お前・・・何・・・を・・・」

うるか「ひ・・・」

 

 

成幸「ええと・・・つまり水希から俺が毎日へろへろだって聞いて必死で元気づけようとしてくれたってこと・・・?」

 

 

うるか「家族としっかり話した?進路のこと」

・・・

うるか「とくにおカネのこと 今もバイトしまくってるみたいだけどまさか・・・自分だけでなんとかしようとしてる?」

成幸「う・・・その・・・」

図星・・・

成幸「もうちょっとお金ためてちょっとでも負担減らしてから話・・・」

うるか「そんなんダメダメに決まってるっしょ!?」

成幸「はい・・・すみません うるかはさ・・・留学の件・・・親御さんにどう話したんだ・・・?」

うるか「ほえっ?あたし?」

 

 

うるか「・・・ヨノナカってさー子供の力じゃ「できない」ことでいっぱいじゃん だからこそ ちゃんと大人にたよって感謝して死ぬ程感謝してあとで倍返すっきゃないっしょ!」

 

 

うるか「・・・みたいになりたいんでしょ?」

成幸「えっ」

成幸「えぇっ!?な なんで親父のこと・・・あれ?話したっけ!?親父が教師だったって・・・」

うるか「ごめん・・・みずきんに聞いちゃった・・・」

成幸「ある人がそうしてくれたように人に寄り添って教えられるような教育者を目指したい」

うるか「あの時の成幸のカオ見てたらなんとなく そうなのかも・・・って」

成幸の手を握るうるか

成幸「うる・・・」

 

 

 

 

うるか「秘技!!足TO足ツボマッサアアァァジ!!」

成幸「ギャアァァ もうそれやめれーッ!!」

唯我家

成幸(ありがとうな うるか・・・)

ガラッ

成幸「母さん!実は話が・・・」

シーン

成幸(あれ?おかしいいな・・・今日はわりと早く帰るって言ってたけど う・・・?)

すーはー

成幸(自分でもわかるニンニク臭 こりゃあかん 話し合いの前に歯みがき・・・)

 

 

桐須先生「・・・」

成幸「なにゆえ~」

さっきの動画が役に立った

扉の向こうは、別世界。

進路を告げる決心をした成幸にまた一難・・・!?

次号、なにゆえ桐須先生が唯我家に・・・!?

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問105.「乙女の招きはたまさかに[x]鏡鑑となる」感想

乙女の招きはたまさかに[x]鏡鑑となる・・・成幸が家族に進路を伝える日が近いですね。でも、桐須先生はなにゆえに?うるかはスポーツできて料理もできるなんてスゴイですね!次が楽しみですね♪

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問106.「その来訪は果たして[x]どもの一大事である」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問104.「薄紅の粧しは時にかつての[x]を喚び起こす」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

コメントを残す