ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問129.「雪解けに彼女らは戯れ[x]に寄り添う」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年44号[2019年9月30日発売]

センター試験、そして・・・

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問129.「雪解けに彼女らは戯れ[x]に寄り添う」あらすじ・ネタバレ

 

 

水希「兄なら今 病院に行ってますけど・・・」

理珠・うるか・文乃「なんとッ!!」

水希「いつ帰ってくるかわかりませんしお引きとりを・・・」

ブロロロロ・・・

ズギャギャギャ

水希・理珠「ひょえええ!?何事ですかッ!?」

うるか「あり・・・この感じなんかデジャヴ・・・」

バタム

あすみ「うわーすっげもう着いた・・・」

 

 

成幸「ふ 2人ともわざわざすみま・・・うぷっ」

桐須先生「安堵 そんなに具合が悪いなら送ってきてよかったわ」

あすみ「たぶんそれが原因なんですけど・・・」

文乃・理珠「小美浪先輩と・・・桐須先生!!?」

あすみ「おおお前らか アタシは診療所から一応付き添いをな」

桐須先生「私も丁度 車を出す用があったから・・・」

成幸「あの・・・センターの日は俺のせいで色々心配や迷惑かけちゃって・・・ごめん・・・色々本当にありがとう」

あすみ「まったくだ後輩 軽い捻挫で心配させやがって これでセンターの自己採点悪かったらネチネチ小言の刑に処すトコだぜ」

うるか「でもよかったね!先輩もリズりんも文乃っちもみんな自己採点イイ感じだったんしょ?」

成幸「!そうなのか!?」

文乃「わっちょっとうるかちゃん!」

理珠「これから自分で報告しようとしていたのに・・・それでその・・・成幸さんは・・・」

 

 

うるか「わぁあああっよがっだよぉー成幸ィィーっ!!」

成幸「わぁっ」

理珠「あーっ成幸さぁーん!!」

文乃「ちょっと2人とも足ケガしてるんだから抱きつくのは・・・でもわたしも・・・!」

うるか「桐須センセー!また今度・・・車乗せてもらってもいいですかーっ!?ほれほれリズりん文乃っちも頼んでみなよ!ギャギャっとバビューンでスゴイんだから」

文乃「わわっ!?」

理珠「ちょっうるかさん!?」

文乃・理珠「・・・」

もじもじ

桐須先生「・・・急用 今日のところはこれで・・・」

ボシュ

桐須先生「うぶっ」

 

 

理珠「この勝負受けてたちますッッ!!!」

うるか「おっやっちゃうリズりん!!」

文乃「ま まぁまぁみんな落ちついて・・・へぶっ!?落ちついてって言ってるでしょーっ!?」

水希「ちょ ちょっとちょっと 人んちの庭で何やってんですか・・・」

ボシュ

水希「ちょっと今投げたの誰ですかーっ!!」

うるか「うおーっみずきん参戦!?」

 

 

あすみ「何みとれてんだよ後輩このスケベ♡」

成幸「うえっ!?ち ちがいますよっ!!ちょっと感慨深いというかこの光景を慈しんでいたというか・・・」

ひゃうんっ!!

桐須先生「寒冷ッッ!!!服に雪がッッ!!」

理珠「わぷわぷっ弾の充填中に狙い撃ちは卑怯ですッ!!!」

文乃「やだっ!お尻濡れちゃってる・・・!」

かあああ

あすみ「で?感慨深く・・・何の光景を慈しんでるって?後輩ムッツリ君」

 

 

 

 

理珠(気まずさインフィニティです!!)

文乃(どげんしてこんな状況に!?・・・だよ!!)

成幸母「今すぐお風呂入っちゃいなさい!」

うるか「あっそれならあたしたちあんま濡れてないし・・・」

あすみ「こっちの3人優先でドウゾ―♪」

文乃(うるかちゃんも先輩も・・・変な気を遣って・・・)

ツツ

文乃「!」

理珠「・・・」

文乃「・・・」

あ あの桐須先生・・・

 

 

理珠「私はどうやら・・・誤解をしていました 私・・・ずっと先生を冷たい人だと思い込んで今までたくさん生意気ばかり言ってしまって・・・」

文乃・理珠「本当にごめんなさい・・・」

桐須先生「才能 それが幸せの指針になると信じてきたわ それを見極め生徒を導くのが私の役目一歩見誤れば私のような不幸な人生を歩ませてしまう だからたとえ憎まれようと生徒を才ある道にと 私はずっとそのエゴをあなたたちに押しつけてきたけれど・・・その指針が全てではなかったのだと教えてくれた人たちがいた」

 

 

ぐつぐつ・・・おでん

理珠「先生 巾着どうぞ 水希さんの料理はとても美味なのです!」

文乃「先生ほらほらっ大根もどうぞー♡」

桐須先生「過多 私はいいからあなたたちが食べなさい!」

あすみ「なんか・・・思ってた以上に・・・」

うるか「急激に仲良くなりましたねー」

あすみ「お?妙に静かだけどどうした後輩 さてはまたムッツリ見とれて・・・」

 

 

成幸(よかったですね先生・・・ん?)

理珠「さぁ先生!熱々のちくわです!!」

文乃「なに言ってるのりっちゃん!このちくわは 今わたしが先生にあげようと・・・ッ」

 

 

雨降って地固まる。・・・かと思いきや・・・ちくわ!!

次号、文乃と成幸が桐須先生の部屋に・・・!?

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問129.「雪解けに彼女らは戯れ[x]に寄り添う」感想

雪解けに彼女らは戯れ[x]に寄り添う・・・いやー雪合戦とはイイ感じですね。そして強引に文乃、理珠、桐須先生がお風呂で和解。おちはちくわって・・・次が楽しみですね♪

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問130.「時に天才どもは再び難関に[x]するものである」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問128.「それでも尚[x]を支えるものは」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

コメントを残す