ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問134.「先人のかつてはやがて[x]に色づく」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2019年49号[2019年11月2日発売]

小美浪家の

門を叩くのは・・・

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問134.「先人のかつてはやがて[x]に色づく」あらすじ・ネタバレ

小美浪診療所

 

 

あすみ「でも ホントは・・・アタシにもたれかかる口実がなくなってちょっぴり残念だったりして♡」

成幸「なっ!?そっそんなわけないでしょ!!」

あすみ「ひっひっひなーに動揺してんだよ」

かすみ「なかよしさんだねー」

成幸「あ・・・あのそれはそうと・・・親父さん大丈夫ですか?」

宗二朗「ゲホゲホ ゴェホゲホ」

 

 

宗二朗「め・・・面目ないかすみ・・・」

かすみ「ほんと私が帰国してるタイミングでよかったよー 今日の診察は私に全部まかせてしっかり休んでて宗二朗ちゃん それにあすみちゃんも家事は人にお願いすることになったから家のことは気にせずしっかり勉強に集中してね」

成幸「へぇ」

あすみ「そいつはありがてーな 誰に頼んだんだ?」

 

 

かすみ「あれっ?もしかしてお知り合い?」

マチコ「それはもう~むぐっ」

ヒムラ「ニヤニヤ」

成幸「はっはじめましてっ!!!」

宗二朗「ふふっそっちは娘とその自慢の彼氏でな なかなかラブラブじゃろう」

マチコ「ですね~♡」

ぱあああ

成幸(あ・・・圧倒的に嫌な予感がする)

ヒムラ@「ほいっさっさと足元失礼しやっす」

あすみ「お」

マチコ「こっちも失礼しまーっす!」

成幸「お」

ヒムラ「はいはいこっち側も」

あすみ「おっ」

マチコ「もっと寄って寄ってー♡」

成幸「おっ」

 

 

マチコ「いえいえあしゅみ・・・じゃなかった」

ヒムラ「あすみお嬢様と彼氏様のお世話を特にしっかり・・とのご主人様のお言いつけですんでねー」

あすみ「なっ・・・ふざけんな彼氏なんて演技にきま・・・っ」

宗二朗「演技がどうしたって?」

 

 

あすみ「う・・・」くうぅ・・・

マチコ「ご主人様昼食の用意でしたらこちらに」

あすみ「お おお・・・悪いな」

 

 

ヒムラ「両端から同時にいくカンジ?」

あすみ・成幸「またこのパターン!!!」

マチコ「まぁ冗談ですけどね」

成幸・あるみ「なんなんだ!?」

あすみ「はぁ・・・ったく気が休まらねーな」

成幸「早く食べて勉強に戻りましょう でもおいしいですよ」

あすみ「でもま・・・2人きりだったら・・・本当に一本でもよかっつけどな」

成幸「ま また・・・そうやってからかって・・・」

あすみ「お前は・・・やっぱりやだった・・・?」

成幸「い いやっ そういう意味じゃなくてその・・・ッ」

 

 

成幸(・・・なんか妙に色っぽいというか・・・向き合ってなくても充分身がもたん・・・)

チッチッチッ

うつら

あすみ「大丈夫か後輩」

成幸「あっ はい!どうにも昼食後のこの時間は・・・」

マチコ「でしたら・・・仮眠ついでに軽いマッサージはいかがですかー?」

あすみ「うおっ!!」

成幸「まだいたんですね!?」

マチコ「家中一通り綺麗にしてきたところですよー」

ヒムラ「眠いときはむしろ軽く20分ぐらい仮眠とった方が結果的に能率上がるつーか?」

成幸「は はぁ・・・じゃあ少しだけ・・・」

 

 

マチコ「はーい それじゃ横になって~」

あすみ「お おう・・・」

マチコ「電気消してー・・・疲れのとれるアロマたきまーっす」

成幸「あ・・・いい香り・・・」

 

 

宗二朗「グッジョブ!!グッジョブじゃよ家事代行さんー!!暗くてよく見えんがドキドキするぅ!!」

マチコ「それじゃまた20分後~♡」

ヒムラ「後は若い二人でごゆるりと♡」

あすみ「オイコラ・・・お前ら全員アホなのか・・・?人のベッドいつの間に改造しやがった!?今すぐ戻せ―っ!!!」

ヒムラ「えーッそっちのが可愛いじゃーん」

成幸(せ・・・先輩のベッドで寝てしまった・・・完っ全に眠気ふきとんだ・・・)

マチコ「うふふ あしゅみーったらあんなに取り乱してカワイ―♡」

成幸「いや・・・あんたらのせいですよね?」

 

 

成幸「え?」

マチコ「去年受験失敗してからずっと仕事以外常にせっぱつまった顔してたのに最近はなんだか楽しそう」

 

 

成幸「い いや俺は本当に何もしてないですよ むしろ俺の方こそ色々教えてもらってますし・・・でもただ・・・そうですね」

 

 

あすみ「うがーっ後輩もマチコも何恥ずい話してんだ?!アホか!!」

成幸「え!?すっすみません先輩・・・!」

マチコ「あらまぁ」

 

 

宗二朗「ふふふまったくだ やはり成幸くんは自慢の彼氏だなあ」

マチコ「ひゃあっ」

あすみ「お 親父いつの間に・・・!?」

成幸「つか親父さん風邪は!?」

 

 

ギャーギャーギャー

ドトバタドタ

かすみ(なんか上楽しそー・・・あとで行ってみよっと)

前を向き一丸となって受験へ!!

次号、理珠と桐須先生が催眠で鬼のコスプレを!?

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問134.「先人のかつてはやがて[x]に色づく」感想

先人のかつてはやがて[x]に色づく・・・あすみの所にマチコとヒムラがきて家事代行ですか。ドタバタ感があって楽しかったですね。それに宗二朗が風邪をひくって!!これからのシーズン風邪に注意ですね♪次が楽しみです♪

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問135.「時に彼らは鬼のいる間に[x]を選択する」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問133.「前任者はそして過ぎ去りし[x]を享受する」

目次ページはこちらをクリック!!

スポンサーリンク




関連コンテンツ

コメントを残す