ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問23.「天才たちの花園に[x]は不可欠である」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年33号[2017年7月15日発売]

理珠大好きっ子、

関城紗和子に

魅力的なお誘いが・・・!?

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問23.「天才たちの花園に[x]は不可欠である」あらすじ・ネタバレ

 

 

関城「えっ・・・えっえっ しっ仕方ないわねえもうーっっ♡♡」

場面は緒方うどん

 

 

武元「さわちんも早くパジャマになんなってー!」

関城「あの・・・今日はなぜ私を?」

古橋「いっつも図書室でりっちゃんのこと見てるから」

関城「はぁ!?全然みてませんけどはぁぁ!?パジャマ勉強会って!?」

緒方をチラ見

関城「パジャマとか・・・サイコーじゃないのよッ!!」

緒方「もう少し慎んで着替えを・・・」

勉強スタート

武元「さわちん 長文訳してると時間が」

関城「慣れたら早くなるんじゃない?」

緒方「関城さん この人物の心情なのですが」

関城「ここに解説載っているわよ」

古橋「紗和子ちゃん ここの公式は・・・」

関城「だから解説が」

 

 

関城(終わらない質問責め・・・かくなる上は・・・ッ!!)

唯我成幸登場

 

 

唯我「や やっぱ俺帰・・・」

関城「林間合宿での貸し・・・忘れてないわよね?」

唯我「ヒィィもちろんっス!!」

武元「ほらほら早くベンキョーしよ成幸!」

唯我「いいか武元 短文の英語をしっかりと正しい日本語に訳す「精読」この力はもちろん大切なんだがこと長文読解の際はまた少し違うスキルが必要になる

 

 

武元「なんかできそうな気がする!」

緒方「唯我さんこの人物の心情は・・・」

唯我「おおそれはな」

古橋「唯我君この公式なんだけど」

唯我「これは前にやった・・・」

関城(・・・へぇ・・・)

コンコン

緒方父「キミタチお夜食のうどんだよ!・・・センセイも遠慮せず食いな」

唯我「お・・・親父さん」

唯我「もう結構な時間だな これ食ったら帰らねえと・・・」

 

 

唯我「うん 帰るよ あとほら命もわりと危険っぽいしな」

夜が更け女子会へ

古橋「修学旅行みたい!」

関城「唯我成幸って苦労しょい込むタイプよね 彼女になる人とか大変そうね」

古橋「今日は紗和子ちゃんが無理矢理巻き込んだくせに・・・」

武元「成幸 好きな人とかいるんかな・・・」

関城「きっと・・・緒方理珠みたいなのが好きだと思うわ!」

緒方「何かと思えばくだらない・・・」

関城(うーん まだ自覚には至らずか)

古橋「わたしはむしろ!うるかちゃんとか好きなんじゃないかなー」

 

 

関城「冗談はさておき あなた達のあんなメンドイ質問責めに根気強くつき合えるなんて素直に感心するわ」

時間が過ぎて関城以外就寝

関城「そんなに頑張れたら文系受験応援したくなってきちゃうじゃな・・・」

 

 

古橋「ある日の暮方の事である。一人の・・・」

関城「寝言で「羅生門」全部暗唱怖ーッ!!」

翌日・・・

武元「昨日は楽しかったー!!」

緒方「よい朝です」

古橋「またやろうね紗和子ちゃん!」

関城「もうごめんよッ!!」

男子あこがれのシチュエーションも、夜更けはいろいろ大変なんですね。

次号、消えてなくなったと思った唯我の恋人疑惑が飛び火して・・・!?

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問23.「天才たちの花園に[x]は不可欠である」感想

天才たちの花園に[x]は不可欠である・・・パジャマ勉強会!関城が一番セクシーでしたね。そこに唯我が加わって勉強と。女子会も面白かったです。オチが寝相の悪さって(笑)次も楽しみですね♪

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問23.「天才たちの花園に[x]は不可欠である」おまけ

 

 

<<<ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問22.「前任者の秘匿領域は[x]な有様である」

>>>ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問24.「果敢なる天才は[x]の流説に抗う」

目次ページはこちらをクリック!!

関連コンテンツ

コメントを残す




CAPTCHA