ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問27.「怖じる[x]に天才は憂い彼は虜る」

Pocket





目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年38号[2017年8月21日発売]

みんな大喜び!!と思いきや、

男子にはわからない、女子の胸のウチとは!?

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問27.「怖じる[x]に天才は憂い彼は虜る」あらすじ・ネタバレ

 

 

舞台裏

緒方「水着で写真など・・・」

武元「ちょっと気が進まないよねー」

古橋(よせてあげて ほらタニマ・・・)

ストーン

古橋(こっちは「ちょっと」どころじゃないんだよなぁホント・・・)

緒方「にっ似合ってますよ文乃!!」

武元「そっそうそう!気が進まないとか言ってゴメン・・・」

唯我「・・・」

場面は変わり

唯我(桐須先生だ・・・自分ちの前で何してんだろ・・・)

桐須「・・・」

唯我「あ・・・どうも先生さような・・・」

ぎゅう

唯我「この前片付けたばっかりなのに・・・」

ぐちゃあ・・・

桐須「し 心外 あ・・・あの虫が出たの・・・」

カサカサ

 

 

唯我「ちょっ先生・・・離してくれなきゃ退治でき・・・っ」

ガクガク プルプル

唯我「ひと通り綺麗になったかな・・・じゃ帰って勉強しま・・・っ」

ガシィ

桐須「待ちなさい まだアレがどこに潜んでいるかわからないし」

 

 

ぐぅぅぅ

桐須「夕食なら出前を頼んでおいたから」

唯我「えっななんかすみません・・・」

ピンポーン

唯我「俺出ますよ はーい」

 

 

緒方「・・・綺麗な部屋ですね先生」

桐須「ええ ありがとう」

唯我(片付けたの俺だけどな)

 

 

唯我(なんなんだこの状況・・・相性最悪なこの2人が・・・いや2人を仲直りさせるチャンスじゃないか・・!)

唯我「緒方 ボードゲーム持ち歩いてないか?」

緒方「ま まぁいくつかは・・・」

唯我(よーし!ゲームでアットホームな雰囲気にしてしまえば)

桐須「完勝・・・これで緒方さんの30連敗だけれど・・・コーヒーでも入れてくるわ」

パタン・・・

唯我「あのさ緒方・・・」

 

 

緒方「・・・えっ」

唯我「素直になれてないだけっつぅかその・・・できれば・・・好きになってもらえたらって・・・」

かああ

緒方「そ それって・・・ゆ」

唯我「桐須先生のこと いやー・・・あの先生スゲェ不器用というか・・・」

緒方「主語を明確にして話して頂けますか」

唯我「え!?ゴメ・・・しかし緒方が文法の指摘を!成長したな緒方!!」

桐須「キャーっ」

唯我「どうしました先生・・・ッ!?」

 

 

桐須「でっでででっ・・・!」

カササ

桐須「今度こそしっかり仕留めて・・・」

唯我「先生どいてもらえます?」

桐須「む無理・・・腰が抜けてしまったわ・・・」

緒方「・・・で あったかい先生がどうしましたって?」

桐須「はっ 緒方さん危ない!!逃げなさいッッ!!」

カサササ

 

 

飲食店の娘・・・強い・・・

桐須「一応・・・お礼を言っておくわ緒方さん・・・」

緒方「いえ・・・うどんまいどありです」

帰り道

緒方「少し意外でした 先生・・・虫が苦手だったんですね いえ知ろうともしていなかった気がします」

唯我(かなり苦手なものだらけな気がするがな・・・あの人)

緒方「私が見ようとしていなかっただけでそんな一面がまだまだ・・・たくさんあるのかもしれませんね」

 

 

作戦・・・

大失敗・・・ってわけではなかったのかな・・・?

苦手でも嫌いでも、理解出来たら少しずつ歩み寄ることはできる、はず・・・。

次号、母親のバイトの代打で唯我が向かったのは〇〇屋で!?

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問27.「怖じる[x]に天才は憂い彼は虜る」感想

問27.「怖じる[x]に天才は憂い彼は虜る」・・・水着撮影からスタートして桐須先生宅でしたか・・・それにしても虫が嫌いって!腰が抜けるほど!!そこに緒方も加わって面白かったですね。次も楽しみです♪

<<<ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問26.「天才の一挙手一投足は時に[x]を翻弄する」

>>>ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問28.「禁断の地にて彼は[x]が為奮闘する」

目次ページはこちらをクリック!!

関連コンテンツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA