ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問86.「最愛の星に[x]の名を③」




目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年50号[2018年11月12日発売]

密着状態からの

超々密着!?

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問86.「最愛の星に[x]の名を③」あらすじ・ネタバレ

 

 

成幸(ちょ!?ないやってんの古橋さん!?近い近いいい匂い近い!!)

ミシ・・・

文乃父「今 何か・・・」

成幸(ギャーッ!!バレたーツ!!!)

♬♪♬

文乃父「古橋です この度は大変・・・はいすぐに伺います」

ガチャ

パタン

成幸「ぶはぁぁっ 古橋一体どうしたんだよ・・・?」

文乃「こんな所にしまってたんだ・・・」

 

 

成幸「・・・なるほどこのPCにそんな論文が・・・」

文乃「まだちゃんと起動・・・」

 

 

成幸「あと1回パスワードミスったら削除!?なにそれエグッ!!!」

文乃「これって・・・お父さんは特にノドぁら手が出る程見たかっただろうに・・・少し可哀そ・・・」

さきほどの父の言葉「いえ 何も問題ありません」を思い出して

文乃「全然可哀そうじゃなかった!!いい気味!!ホンットいい気味!!」

成幸「ふ 古橋さんお静かに・・・!また戻ってきちゃうからッ!!」

場面は成幸家

成幸「古橋・・・そろそろ休んだ方が・・・」

文乃(娘が家でしてるのに「問題ない」・・・か ムカついてきた)

 

 

日付が変わって

 

 

文乃「明日一日ですか?」

成幸母「ごめんねぇ成幸以外 朝から出かける用があって・・・お留守番頼めるかしら?ごはんは何か・・・」

文乃「いえ大丈夫です!わたしにまかせてくださいおばさま!!」

成幸「なるほど・・・それで古橋が朝食を・・・」

ぐっちゃあああ

 

 

文乃「食べちゃダメだってば!!」

成幸「うんうん」

ガリッ ゴリゴリ

文乃「ほらすっごいガリゴリいってるし!!」

成幸「・・・うんちょっと固くてしょっぱいけど うまいよスクランブルエッグ」

文乃「目玉焼きなんだけど・・・」

成幸「あぁっスマン!!」

文乃「お昼は絶対おいしくリベンジしますので!!」

成幸「え!?お前昨日もあんまり寝れて・・・」

文乃「今日一日はわたしにまかせて!!」

 

 

 

 

夜になり

成幸「はぁなんか怒涛の一日だった・・・」

コンコン

文乃「あの・・・唯我君」

チラ・・・

成幸「・・・何か下にはいた方が・・・」

文乃「えー?平気だよ?」

ぴらっ

成幸「ばッッ!!!」

 

 

文乃は子供の頃、父の背中流しを思い出す

成幸「あのさ 親父さんのことムリして目を背けようとしてないか?」

文乃「いいんだよ10年間お互い顔を背けてきたんだもん 何もない何も・・・そんなことより」

ぴと・・・

成幸「ふ古橋・・・」

 

 

文乃「いけない寝ちゃった!!今日の分の勉強・・・ッ!!」

成幸「もう少し休んでた方がいいんじゃないか 根詰めすぎるのも・・・」

文乃「だっ大丈夫だよ もう十分寝たし!もっと死ぬ気で頑張らないと・・・」

 

 

こんな遅い時間に「デート」!?

そら変な声も出ますよ!!

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問86.「最愛の星に[x]の名を③」感想

最愛の星に[x]の名を③・・・古橋父には見つかんなかったですね。それに文乃がテンパってる具合がよくわかりますね。それを見ていた成幸がとった行動がデート!?次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問86.「最愛の星に[x]の名を②」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年49号[2018年11月5日発売]

唯我水希式

おでむかえ!!

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問86.「最愛の星に[x]の名を②」あらすじ・ネタバレ

 

 

 

 

文乃「お・・・お邪魔します・・・」

母「・・・成程 事象はわかったわ」

成幸「わ悪い母さん」

文乃「あ・・・あのっやっぱりそんなご迷惑をおかけするわけにはッ!!」

母「まった文ちゃん 家族なのだからケンカもするでしょう・・・でも」

 

 

場面は風呂場

母「お湯加減大丈夫?歯ブラシおいとくから使ってね」

文乃「ははいっっ!!何から何まですみません・・・!」

・・・

水希「変なことは考えないでくださいね」

 

 

お風呂あがって

成幸「お」

 

 

文乃「お風呂・・・いただきました・・・」

成幸「やっぱちょっと大きかった?」

文乃「あはは やっぱり男の子なんだね・・・」(なんかこの感じ しんこ・・・)

成幸「なんかコレ・・・新婚みたいだな」

文乃「なんで言うのなんで言うの!?」

成幸「えっ!?ああっスマン!!アレ!?これって間接キ・・・」

文乃「ギャーダメストップ!!」

二人で並んで勉強中

 

 

文乃「あの・・・本当にごめんね」

成幸「かっ・・・間接キスの件はもう・・・っ!」

文乃「ちがくて!!親とのことで色々ご迷惑を」

成幸「はは ご両親とも数学者ってのは正直驚いたな」

文乃「・・・お母さんね 数学者の天才だったみたい 多くの人が惜しんでた」

文乃「はわッッ!!?」

時刻8:15

文乃「ウソオォォッ!!」

成幸「ふがっもう朝!?」

 

 

女子更衣室

 

 

うるか「あれ?昨日とキャミの柄一緒じゃない?」

ドキィ

文乃「チチチ・・・チガウヨ?ヨクニテルケド」

うるか「そーなん!?そーゆー柄好きなんだねー ん?いつもと匂いちがくない?」

文乃「うひゃ!!う う うんまぁ・・・」

うるか「なんかこの香りすっごい好きー!なんてやつー?」

文乃「ポクチーン」

うるか「ってアレ!?死んでる!?」

文乃(これはアカン・・・アカンでしかし!!)

 

 

成幸「ホントのいいのか・・・?」

文乃「うん あれ以来10年近く顔なんて合わせてこなかったけど」

成幸「あれ以来・・・?」

ガチャ

成幸「・・・」

文乃「ガチャ?」

 

 

文乃父「何か物音がした気がしたが・・・気のせいか・・・」

 

 

咄嗟に隠れられる場所がそこしかなかったんだから仕方ない!!

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問86.「最愛の星に[x]の名を②」感想

最愛の星に[x]の名を②・・・文乃とうるかのやり取り面白かったですね。そして成幸と文乃のドタバタ感もおも白いですね。次が楽しみです♪

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問85.「最愛の星に[x]の名を①」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年48号[2018年10月29日発売]

夜の

古橋家で・・・

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問85.「最愛の星に[x]の名を①」あらすじ・ネタバレ

 

 

日付が変わり三者面談

先生「いや~若くてキレイなお母さんじゃないか唯我!」

母「やだもーセンセ!そんなホントのことを~」

成幸「母さん・・・恥ずかしいだろ・・」

先生「学園長から聞いてるぞ唯我 このままいけばVIP推薦とれそうだし安心したぞ」

母「VIP推薦?」

成幸「んんっ!!いえそんな別に んんっ!!」

先生「はっはっはっVIP推薦で提携する一ノ瀬大学にも色々あるが希望はあるか?」

成幸「えっ・・・」

先生「学部だよ学部!」

成幸「あの一番就職に有利で・・・一番稼ぐ力がつく学部ってどこでしょう?」

面談後

母「ねぇお金のこと気にしてる?」

成幸「えっ!?いやいや全然!!」

母「あんた・・・私達に何か遠慮してたりしないわよね?」

成幸「・・・やりたいようにやってるだけだよ」

 

 

 

 

成幸「・・・ったく恋愛脳母上め・・・」

文乃「あはは 楽しいお母さんだよね」

はっ・・・キョロキョロ

文乃「お父さんなら来てないよ」

成幸「え・・・」

文乃「あっ・・・急病みたいで!急病!!」

成幸「お父さん・・・進路のこととか了承してくれてるのか?」

文乃「もっもちろんだよー!!」

成幸(思ってたよりはうまくいってる・・・のかな?)

場面は変わって

紗和子「緒方理珠!!三者面談どうだったかしら?」

理珠「面談自体はつつがなく お父さんがうっとうしいので途中で追い返しましたが」

???「探したぞ 緒方君・・・」

 

 

成幸「あの人ってこの前の弓弦羽大学の・・・!」

紗和子「なんか緒方理珠にメンドクサくからんでた数学教授よね!?」

成幸「えぇ・・・緒方の勧誘にわざわざ・・・?」

紗和子「まったく・・・」

 

 

成幸「あれどうした古はし・・・」

 

 

理珠「「音尾さん」・・・!?」

紗和子「いや!「伊藤さん」の聞きまちがいじゃないかしら!」

成幸「「後藤さん」の可能性も!!」

文乃「違うから!」

文乃父「文乃か 一ノ瀬学園・・・お前の通う学校でもあったな」

 

 

成幸「うぺぇええええ!?」

文乃「前に言ったでしょ「言っても絶対信じない」って」

成幸(目に見えて空気が・・・)

文乃「・・・意外だった・・・まさか来てくれるなんて・・・三者面談のプリント見てくれたんだ」

 

 

ぱしっ 文乃の志望大学を確認する父

文乃父「お前の「数学」には「情緒」の欠片も学ぶに足る価値もない 文系科目の方がマシなのだろうそっちへ行け・・・そんなことよりも」

 

 

紗和子「そ そんな!!急に駆け落ちしろだなんて・・・」

文乃「言ってねーよ 早よ行けや!!だよ紗和子ちゃん!」

紗和子「ははいぃっ!!」

文乃「あなたにとっては娘の夢よりそんな数学のなんちゃらの方が大切なん・・・」

文乃父「当然だ」

成幸「あのっ2人ともちょっと冷静に・・・っ」

文乃父「絵空事に学費を出すつもりはない従えないなら家を出てどこぞで勝手に生きろ」

プチ

 

 

成幸「ええええ!?お前 何言ってんの!?」

文乃「止めないで唯我君!!もう決めたからっ!!」

文乃父「行くあてもないくせによく言う」

文乃「うっ」

 

 

成幸(・・・ん?あれ今俺・・・とんでもないこと言った!?)

勢いでとは言え、さすがに同棲宣言は・・・ダ・イ・タ・ン!!

次号、文乃が唯我家に居候であんなことやこんなことが!?

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問85.「最愛の星に[x]の名を①」感想

最愛の星に[x]の名を①・・・①ってことは何話か続きそうですね。比較的文乃の登場って少ない気がしていました。それにしても成幸は言う時は言いますね!どうなるんでしょうか・・・次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問84.「かの書物は前任者の[x]ふう示するものである」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年47号[2018年10月22日発売]

学校に持ち込んで没収されがちなものNo.1といえば・・・

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問84.「かの書物は前任者の[x]ふう示するものである」あらすじ・ネタバレ

 

 

池田「ちがうんです『カレエゴ』は・・・私のバイブルのようなもので・・・ッ」

桐須先生「漫画ね没収 各自 明日反省文提出」

池田「あああ私の結人クンー!!」

桐須家

桐須先生「あら?」(持って帰ってきてしまったわ・・・面白いのかしら・・・)

 

 

 

 

桐須先生(理解不可能)

ピンポーン

桐須先生「新聞ならお断りよ!」

ガサ

 

 

成幸「やっぱり そろそろ汚れてる頃かと思ってたんでよかったです」

桐須先生「し失礼!最近はこまめに片付けを!」

ザクッ

成幸「大根おろし器は床に置かない方が・・・」

桐須先生「あああああ ほ 本当に申し訳ないわ唯我君・・・」

桐須先生の消毒が始まり

成幸「俺も悪いですから それにたいした傷じゃないですしもう・・・」

桐須先生「だめよ!化膿でもしたら・・・」

 

 

風呂場の電球を交換中

桐須先生「ふ・・・っ く・・・っ」

成幸「や やっぱり俺が代わった方が・・・」

桐須先生「平気よこれくらい ほらでき・・・」

ぱっ

桐須先生「あっつ!!」

成幸「先生!!」

桐須先生(また・・・!?)

 

 

 

 

桐須先生「キャアっ!!ご ごめんなさい 大丈夫かしら!?」

成幸「ああはは・・・」

桐須先生(き杞憂 やはり漫画のようには・・・)

ガッ

冷水が成幸にかかる

成幸「へっくし!!」

桐須先生「恐縮・・・本当にかさねがさね・・・」

成幸「いいや そんな気にせんでください・・・」

 

 

成幸「・・・先生」

 

 

成幸「先生 目つぶって・・・」

桐須先生(え・・・?え・・・?)「だだ だめよ!私とあなたは教師と生徒!!」

 

 

成幸「あ・・・」

桐須先生「~~~~~~~ッッ!!」

ギュウウウ

成幸「ちょっ!!げはっ 先生強い強い背骨折れちゃう!!」

チッチッチッ

成幸の勉強スタート

成幸「・・・ところであの・・・」

 

 

成幸「なんだかんだで気づけばしょっちゅうここに来てるなって思って なんか俺・・・」

 

 

翌日

桐須先生「なかなかリアリティのある作品のようね 勉学に支障のない程度に嗜みなさい」

池田「は はい!ありがとうございます!?」(リアリティ!?え!?どこが!?)

背景のトーンまで再現してる所。

次号、三者面談実施でそれぞれの進路が・・・!?

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問84.「かの書物は前任者の[x]ふう示するものである」感想

かの書物は前任者の[x]ふう示するものである・・・桐須先生可愛いですね(笑)ゴキブリ苦手で。成幸は何事もないように振る舞っているのも面白いですね。次も楽しみです♪

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問83.「またしても天才は[x]どもの戯言に踊る」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2018年46号[2018年10月15日発売]

秋には秋の、

色があるよね。

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問83.「またしても天才は[x]どもの戯言に踊る」あらすじ・ネタバレ

 

 

図書室

うるか英語の勉強中

成幸「ああ「仮定法」かそうでないかの違いだな」

うるか「えっとじゃあこれは・・・」

ピト

 

 

ジョモサン

うるか「・・・えっ!?『お友達』?」

文乃「例の・・・最近どうしてるかなぁって」

うるか「うんまぁ・・・その・・・文乃っちはさ・・・エンキョリ恋愛ってどう思う・・・?」

文乃(急に何の話だろう?)「別に普通なんじゃないかなぁ?会えない時間が2人の絆を強くするっていうしね」

うるか「そっそーゆーものかなっ?」

文乃「海外とかだとしんどいかもだけど・・・」

 

 

文乃「海外!?うるかちゃん海外行く予定あるの!?」

うるか「ちちがッ!?友達!!友達がね!!最近部活の大会で優勝したとかで」

文乃(どう考えてもうるかちゃんじゃない!!)

うるか「・・・みんなに言うのはね結果出してからにしよっかなって」

文乃「え・・・」

うるか「テスト通んなきゃだし 好きな人のこと考えると頭ぐるぐるしちゃって・・・って!友達がね!友達が!」

文乃(あああ歯がゆい!この純情乙女ねー!!)

カランカラン

文乃「あ唯我君だ!」

成幸「今日は一人か?」

文乃「え!?」

 

 

 

 

成幸「せっかくだし俺も一緒していいかな」

文乃(ああもう!なんなのこの状況!?)

 

 

カリカリカリ

文乃「それ・・・うるかちゃん用の?」

成幸「ああ あのうるかが急にやる気出してくれるなんてなぁ やりがいあって楽しいよ」

文乃「それを聞いたらきっとうるかちゃん喜ぶね」

 

 

成幸「あ うるかといえばちょっと古橋に相談したいことあったんだ あいつ避けられてるような気がするんだけど・・・」

文乃「げッ!!それはなんといいますか・・・っ」

成幸「うるかの奴もしかして・・・」

 

 

成幸「あれ今・・・テーブルの下で何か・・・」

文乃「ゆゆゆゆ唯我君のエッチ!!」

成幸「エッチ!?」

文乃「スカートの女子が目の前にいるのに!」

成幸「わああたっ たしかに!!ごめん古橋!」

文乃「で・・・なんで彼氏だと?」

成幸「好きな奴いるっぽいのは知ってたからもしかしてらって・・」

文乃「・・・うるかゃんに彼氏なんていないよ でも 唯我君はどうあってほしいのかな」

 

 

成幸「なんだよその質問・・・あいつに好きな奴がいるんだったらその人とうまく幸せになってほしいしそれが一番だと思う」

文乃「・・・それだけ?」

成幸「いや」

 

 

成幸「当たり前だろ」

ヴーッ

成幸「げっ忘れてた!!買い出し頼まれてたんだっけ!先帰るな古橋!」

文乃「あうん・・・」(当たり前だろ 言うじゃん・・・)

 

 

文乃帰り道、うるかとメッセージのやり取りをして

過去のうるかの気持ちを考える

スーパーカワイ

文乃「成幸くんっ!!」

成幸「古橋!?な なんだ!?どうした!?」

 

 

成幸「な・・・なんでそれを俺に・・・」

文乃「それは自分で考えて!!」

成幸「はぁ!?どういうこと!?」

文乃「どうもこうもありません!乙女心「実践」問題だよ!!」

成幸「えええ・・・」

見守る・・・だけではいられない!!

うるかの恋は、2人の気持ちにもさざ波を広げて・・・!?

次号、桐須先生が生徒から没収したブツをうっかり・・・!?

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問83.「またしても天才は[x]どもの戯言に踊る」感想

またしても天才は[x]どもの戯言に踊る・・・うるか・あすみと思いきや文乃とがメインでしたね。うるか成幸をこのまま避け続けるんでしょうかね?そして文乃の気持ちは!?次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!