ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問22.「前任者の秘匿領域は[x]な有様である」




目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年32号[2017年7月10日発売]

一枚絵を作るのも実はけっこう大変なんですよ、というお話。

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問22.「前任者の秘匿領域は[x]な有様である」あらすじ・ネタバレ

 

 

舞台裏

唯我「はい とれましたー」

武元「先生カッコいいよー?」

桐須先生「くだらない・・・用が済んだなら帰らせてもらうわ」

唯我「あ・・・先生の写真全部半目になってる・・・」

桐須先生「手の角度・・・このくらいでよかったかしら」

武元(女子だね先生!!)

唯我は勉強しながら歩いていると

ニャーニャー ガタガタ

唯我「ふ・・・く・・・も・・・ちょい・・・」

桐須先生「何をしているの君は」

唯我「うわっ桐須先生!!あっ・・・ネッネコーッ!!」

 

 

唯我(うお・・・スゲェ軽やかな身のこなし・・・)

グキッ

唯我「わーっ先生ーっ!!」

桐須先生「不覚 不覚だわ私とした事が・・・」

唯我「大丈夫ですか先生・・・」

桐須先生「どうもありがとう ここまででけっこうよ」

唯我「じゃあこれで失礼します・・・」

桐須先生「ええありがとう」

パタン・・・ドガシャーン ゴタバタ

しーん・・・

唯我「大丈夫っスか!?すみません先生開けますよ!!」

 

 

唯我「い 今助けますからね!!」

桐須先生「助けられてしまったわね・・・着替えた後お茶くらい入れるから待っていなさい」

唯我(一人暮らしの女の人の部屋・・・やべぇ落ち着かん・・・!!)

桐須先生「お待たせ コーヒーでよかったかしら」

唯我「はい!ありがとうございま・・・っ」

 

 

桐須先生「それじゃ唯我君 出して」

唯我「お金ならありませんが」

桐須先生「不愉快 君は私を何だと思っているの?」

唯我(あ・・・教科書とノートのことね)

桐須先生指導のもと歴史の勉強開始

唯我(て・・・丁寧でわかりやすい もう2時間も経ってる・・・)

わしゃ

唯我「?なんだコレ・・・」

 

 

唯我「先生・・・もう我慢できません 掃除させて下さい!

桐須先生「ふ不潔!子供の分際でなにを!・・・掃除しましょう今すぐに」

 

 

唯我「す・・・っげぇトロフィーの数」

桐須先生「そんないいものじゃないわ フィギュア特に女子の選手寿命を知っているかしら?」

唯我「すいません あまり・・・」

桐須先生「一般的に10代後半から20代前半と言われているわ 昔ねそんな限られた時間を一時の感情で無意味な道に費やして二度と戻れなくなった女がいたの」

唯我「その人って・・・」

桐須先生「後悔の象徴よ 故に結論 教育者は生徒達の感情の如何に依らず才ある道に導く事に徹するべきなのよ 君はどう考えているのかしら」

唯我「わかりません でも僕は・・・」

 

 

桐須先生「・・・平行線ね」

夜になって

唯我「大丈夫だったんですか?生徒とはいえ男を部屋に上げるのって・・・」

桐須先生「は・・・?男・・・?愚問 10年早いわよ」

唯我「すすすみません!!」

桐須先生「近所迷惑 いいからもう行きなさい」

 

 

未来を想う気持ちは変わらず、されど歩み寄れない2人の距離は・・・

次号、女子だけの秘密の集まり・・・といえば、そう「アレ」です!!

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問22.「前任者の秘匿領域は[x]な有様である」感想

前任者の秘匿領域は[x]な有様である・・・今回は桐須先生がメインでしたか。勉強の教え方が上手みたいですね。それにしても部屋の汚れっぷり半端なかったですね(笑)考え方は平行線みたいですが・・・次が楽しみですね♪

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問22.「前任者の秘匿領域は[x]な有様である」おまけ

 

 

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問23.「天才たちの花園に[x]は不可欠である」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問21.「それは[x]の天才と繋がる禁断のものである」

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問21.「それは[x]の天才と繋がる禁断のものである」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年31号[2017年7月3日発売]

夏を控える唯我が手に入れたのは・・・

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問21.「それは[x]の天才と繋がる禁断のものである」あらすじ・ネタバレ

 

 

古橋「唯我君スマホ買ったんだ」

唯我「まぁ・・・本体は母さんが福引で当ててきてな」

・・・カタン

唯我(何コレ ムリムリ全然使える気しないんですけど)

古橋(デジタルガジェット系全然ダメな人!?)

武元「ちょい貸してみ!検索使いたいんだったら「効率的」「勉強法」と」

唯我「な なるごど・・・」

 

 

古橋「そ そうだよね!さすがに・・・」

唯我「やっぱないよなフロでなんてさすがに!」

 

 

唯我「ん・・・この単語」(こんな時こそ辞書アプリ・・・)

ポム ポムッ

唯我「うおっ!?」

古橋「そこは検索欄じゃないよー(笑)」

唯我「す・・・すまん」「勉強の調子どうだ?」」

古橋「けっこー集中できていいカンジだよ!」

 

 

古橋「ふふっもしかして唯我君も今おフロ入ってたりして!」

唯我(今度こそ落ち着いてアプリのダウンロードを・・・あれ?緒方に電話かけてない!?どーやって止めんのこれ!?)

緒方父「オウこれはこれはセンセイ・・・」

唯我「実は間違い電話で・・・」

緒方父「センセイ 娘の勉強に根気強くつき合ってくれてることには本当に感謝しているんだぜ だがよ・・・」

 

 

緒方「あの・・・お電話代わりました」

唯我「お・・・」

緒方「すみません お風呂で勉強しているもので・・・」

唯我「実は俺もフロで勉強してたんだけどスマホいじってたら間違えて電話かかっちまって・・・迷惑だよな!?」

緒方「いえ 迷惑ということは・・・」

唯我「マズイだろどう考えても状況的に」

緒方「状況?」

 

 

唯我「なんで言っちゃうんだよ!!てかなんでお前平気なの!?」

緒方「平気も何も別に姿が見えてるわけではありませんし・・・」(あれ?目を閉じると・・・)

 

 

唯我「あれっ緒方・・・?ブクブクいってる!しっかりしろ緒方ー!!」

ツーツー

唯我(いいかげん勉強を進めねば・・・音声認識検索なら)「辞書」「アプリ」「使いやすい」

スマホ「武元うるかサン二電話ヲカケテイマス・・・」

武元「もっしもーし!あれー成幸どーしたん?」

唯我「す すまん間違い電話で」

武元「えーっよく聞こえなーい!」

唯我「お前もまさかフロで勉強中とか?」

武元「そんなわけないじゃん!」

 

 

武元「お前もってことは・・・成幸も今おフロ・・・?」

唯我「あ・・・ああ昼間お前が調べてくれたやつ実践してるトコ」

武元(これってもはや・・・成幸に体洗われてると言っても過言じゃないかも!!とりあえずスピーカーオンにして・・・)

 

 

唯我「わあああああ!武元スマホスマホーッ!!」

武元「あたしのスマホ防水機能ついてるから」

唯我「じゃなくて!!見えてる!!見えてるから!!」

武元「何が見えてるって・・・」

 

 

武元「キャーッウソ!?何見せてんの成幸のばかーっ!!」

唯我「ス スミマ・・・あっ」

緒方「唯我さんどうしたのですか」

古橋「スマホ水没させちゃって修理中なんだって」

次号、あの「できる」女が再登場!!ドキドキのオタク拝見へ突入・・・!?
スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問21.「それは[x]の天才と繋がる禁断のものである」感想

それは[x]の天才と繋がる禁断のものである・・・いやぁー盛沢山でしたね。古橋、緒方、武元と順番におフロシーン。そして武元とはやらかしてるし(笑)次はできる子?楽しみですね♪

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問21.「それは[x]の天才と繋がる禁断のものである」おまけ

 

 

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問22.「前任者の秘匿領域は[x]な有様である」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問20.「天才不鮮明な世界の[x]にたゆとう」

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問20.「天才不鮮明な世界の[x]にたゆとう」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年30号[2017年6月26日発売]

眼鏡っ子の命の次に大事なもの・・・

いや命そのものが・・・

緒方理珠、自己喪失!!

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問20.「天才不鮮明な世界の[x]にたゆとう」あらすじ・ネタバレ

 

 

理珠パパ「ごめんよ理珠たま 行ってらっしゃいのハグをしようと・・・」

緒方「仕方ありません 昔使っていたスペアで行くしかないですね・・・お父さんはしばらく3m以内接近禁止です」

場面は唯我と古橋

古橋「・・・だからぁ距離をおくとかじゃ何も解決しないんだからね!

唯我「難しいな女心って・・・今日もサンキュー古橋!んじゃ俺教室行くわ」

古橋「待って唯我君わたしも・・・」

 

 

古橋「わわわっ ごごめんね唯我君っ!」

唯我「い いや気をつけてな」

緒方「・・・」

唯我「あ よう緒方!」

古橋(一番見られちゃいけない類の人来たー!!)

緒方「ああ・・・唯我さんに・・・文乃もそこにいたのですね 全然気づきませんでした・・・」

古橋「ヒイイイこれはあからさまなイヤミ攻撃!?」

緒方「やはりダメですね・・・こうして目を思いっきり細めていないとほぼ何も見えません・・・)

古橋(ま・・・待って一度落ち着こうわたし・・・!)

緒方(うー・・・ふらつきます・・・)

 

 

緒方「いえ別に」

古橋(これは!!大切な卵を守る親鳥の如く・・・即ち!!ハグが原因だー!!)

場面は校内に戻り

唯我「古橋・・・ほんとにコレで機嫌直るんだろうな・・・?」

古橋「きっとそのはず・・・!」

緒方(今・・・私の手をひいてくれているのは誰でしょう?)

授業スタート

唯我(授業中もずっと怒ってんなこいつ・・・触らぬ神にたたりなしか・・・)

唯我はノートを緒方に見せる

唯我「お前なんで・・・メガネの度合ってないって」

緒方「私自身の問題ですし・・・」

 

 

緒方「じゃあさっそく頼ってもいいですか・・・?では図書室まで・・・連れていって頂けますか?」

唯我「メガネがないとより注目浴びるな緒方・・・」

緒方「なぜメガネがないと注目を?」

唯我「そりゃない方が可愛い・・・みたいな?」

 

 

古橋(りっちゃん まだ怒ってるのかなぁ・・・)「唯我君ごめんっ!!」

どんっ

古橋(許して唯我君!さぁガバッと熱い抱擁を!!)

 

 

緒方「あーっ!!」

古橋「・・・メガネ?怒ってたわけじゃなかったの・・・?」

緒方「ええ つい先ほどまでは」

古橋「わーん ごめんなさいーっ!!」

一方そのころ武元うるかは

みんなを待ちぼうけていた

キャストオフ理珠の仏頂面もまた新機軸・・・

次号、スマホを手に入れた成幸が導入した勉強アプリとは一体・・・!?

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問20.「天才不鮮明な世界の[x]にたゆとう」感想

天才不鮮明な世界の[x]にたゆとう・・・今回は理珠がメインでしたね!メガネがない理珠もいいものです。唯我にあるなし聞いちゃうところが乙女心でしょうか?古橋の暴走っぷりもナイスでした!(笑)次も楽しみですね♪

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問20.「天才不鮮明な世界の[x]にたゆとう」おまけ

 

 

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問21.「それは[x]の天才と繋がる禁断のものである」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問19.「天才と[x]は互いの空模様を思い做す」

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問19.「天才と[x]は互いの空模様を思い做す」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年29号[2017年6月19日発売]

理珠とうるかの恋心に気づいてしまった文乃・・・

「できない」娘たちは波乱万丈!!

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問19.「天才と[x]は互いの空模様を思い做す」あらすじ・ネタバレ

 

 

古橋「りっちゃんとうるかちゃんの成績が落ちた理由?」

唯我「古橋ってホラ心の機微とか聡そうだしさ・・・」

古橋「これはねきっと・・・「乙女心」という教科の練習問題なんだよ!

唯我「れ・・・練習問題!?ふ・・・古橋師匠!!」

場面は女子水泳部

武元「結局 成幸・・・好きな人いるんだかいないんだか・・・」

場面は下校時、古橋の言葉

古橋「いい?りっちゃんもうるかちゃんも女の子なんだよ!向こうの気持ちを察して思いやってあげて!」

唯我(察して思いやる・・・わかったよ古橋・・・無意識に距離が近すぎたということか!!)

武元「な 成幸!」

 

 

唯我「おっおう!そうだな帰るか!!」

武元(絶対距離縮めてやるかんね・・・!)

唯我(絶対距離をおいてみせるからな!)

 

 

武元「成幸 神社だって!お参りしてく?」

唯我「今の体力でこんな階段・・・」(学業成就!!)

武元(恋愛成就!!)

ガランガラン

パンパン

唯我(VIP推薦とれますように!!あいつら全員志望大学に合格できますように!)

武元「むーっむーっ」

ポツポツ ドザーッ

唯我「こりゃりばらく止みそうにないな・・・」

武元「最近雨多いよね」

唯我「そいいや必死にお参りしてたけど」

武元「恋愛成就 好きな人にドキドキしてもらえますようにって」

 

 

唯我(アホどこ見てんだ!!好きな人って武元にいるの!?)

武元(海っち川っち・・・これでいいんだよね!?)

 

 

武元「ダダメエエェ!!これ以上は心の準備が・・・ッ」

猫「な~ご」

唯我「あっ雨止んでる」

武元「もー情けないなーあれしきの階段で・・・」

唯我「面目ない・・・」

武元「?どうしたん成幸?」

唯我「どうしたっつーか お前・・・」

 

 

武元「成幸・・・ドキドキしてる」

唯我「し・・・仕方ねーだろ!つーか・・・だからさ好きな奴の前以外ではやめとけよ危ないだろ」

 

 

武元「さっ帰ろ帰ろ!」

後日・・・

唯我「武元の点数がいきなり上がった・・・どうなってんだマジで・・・」

古橋「どうしてだろうねー」

この笑顔も、好きな人の前だけ。

それが女の子のとっておき。

次号、唯我のアレがアレしちゃいアイデンティティー崩壊の危機!?

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問19.「天才と[x]は互いの空模様を思い做す」感想

天才と[x]は互いの空模様を思い做す・・・今回は武元がメインでしたね。そして何気に古橋がキーマンになるのでしょうか?武元と唯我のキョリが縮まった感じですね。次はどうなるのか・・・楽しみです♪

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問19.「天才と[x]は互いの空模様を思い做す」おまけ

 

 

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問20.「天才不鮮明な世界の[x]にたゆとう」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問18.「天才[x]たちはかくして勉強ができない」

目次ページはこちらをクリック!!

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問18.「天才[x]たちはかくして勉強ができない」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年ジャンプ 2017年28号[2017年6月12日発売]

教育係も板につき・・・

スポンサーリンク



 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問18.「天才[x]たちはかくして勉強ができない」あらすじ・ネタバレ

武元「成幸『neither』使う時の接続詞って『nor』になるんだっけ?」

 

 

場面は学園長室

学園長「最近調子がよさそうじゃないか唯我君 次もこの調子で頼むよ」

唯我「はい!まかせてくださいっ!」

場面は3-B

大森「なに二ヤついてんだよ唯我」

唯我「へへっ」

小林「成ちゃんもしかして・・・あの3人の誰かと付き合ってんの?」

唯我「付き合ってねーよ!」

大森「情けねぇなー唯我 その立場なら今ごろキスの一つや二つ・・・」

唯我「ち違う!!あれは事故っつーか」

 

 

場面は図書室

武元と勉強中

唯我「おい武元 聞いてるか?」

武元「じゃあさ・・・Didn’t you kiss someone, Nariyuki?(成幸は誰かとキスをしませんでしたか?)」

唯我「た武元・・・お前どこでそれ・・・」

武元「やるじゃん!がんばんなよ成幸 あたしそろそろ部活行くね!」

唯我「おい武元!お前今日は部活休みじゃ・・・」

場面は屋上

武元(彼女・・・いたんだ成幸・・・)

古橋「あれっ?うるかちゃん 今日は唯我君と勉強の日じゃ・・・」

 

 

武元「その友達とは同じ中学からの仲でね かっこいい人・・・♡」

古橋(完全にうるかちゃんと唯我君の話だコレ!!・・・というか え!?うるかちゃんって唯我君のこと)

古橋「今 恋人がいるって聞いたわけじゃないんだよね?そのお友達に伝えておいて!めいいっぱい応援してるからって!」

武元「文乃っち愛してるーっ!!」

緒方「何そしているのですか あなた達は・・・」

武元「じゃ あたしそろそろ帰るね」

男子「ねーねー聞いた?唯我の話」

男子「誰かとキスしたんだっけ?」

男子「いやいや同性してるんだと」

男子「え?もう子供もいるって聞いたぞ?」

 

 

バサバサバサッ

古橋「だ大丈夫!?りっちゃん!」

 

 

翌日・・・

唯我「よく頑張ったな古橋・・・で武元はなんで点数が前に逆戻りしてんの!?」

緒方「おつかれさまです」

 

 

パチーン

古橋(なんてこっただよわたし・・・この場合どっちを応援したらいいの!?)

唯我「あーもー全然原因がわからん!!」

学園長「まぁ学園長室で話を聞こうか唯我君・・・噂についても」

唯我「ヒィィ学園長!!噂って何の事スか!?」

「教育係」生活 再び前途多難に逆戻り

乙女心と成績は揺れる・・・!!

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問18.「天才[x]たちはかくして勉強ができない」感想

天才[x]たちはかくして勉強ができない・・・いやはや、武元と緒方の勉強ができないでしたね。そして古橋はキスの秘密を予測して・・・。噂の原因は大森で、これからどうなるのか?次も楽しみですね♪

スポンサーリンク



ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問18.「天才[x]たちはかくして勉強ができない」おまけ

 

 

 

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問19.「天才と[x]は互いの空模様を思い做す」

ぼくたちは勉強ができない専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)問17.「青春とは天才の熱意と車輪と[x]である」

目次ページはこちらをクリック!!